家庭生活の要は「食育」(HQ)

近年、アトピー性皮膚炎や気管支喘息などアレルギー性疾患のお子さんが急激に増えています。 この増加スピードはあまりに異常な事態です。30~40年前には子ども達を悩ませるアレルゲンは存在しなかったのでしょうか?

そんな事はありません。卵も牛乳も小麦製品も食卓に上がっていましたし、ダニもたくさんいました。ハウスダストもスギ花粉も飛んでいました。では、この数十年間に大きく変わってしまったのは一体何だったのでしょう?

それは各アレルゲンにあまりにも過敏に反応する「人々の体質」の方に他なりません。 そして、現在の「健康の常識」でアレルギー疾患が加速度的に増えているならば、間違っているのはその「常識」の方ではないでしょうか。


一番の原因は誤った栄養学指導にある、と唱える専門家が増えてきています。
戦後広まった健康の価値観は「体格を良くする事」に重点が置かれてきました。

欧米人並の体格を得ようと、牛乳や卵、肉製品といった蛋白質を大量に摂るようになりました。また、輸送や栽培方法の技術発達から一年中いつでも世界中の様々な食べ物が手に入るようになりました。見た目を良くする為や日保ちを長くする為に農薬・化学薬品などの汚染物質にまみれた食品がスーパーに並んでいます。

これらはまったく「自然の摂理に反した」食べ方です。

現代の栄養学は「食品分析学」です。その食品に含まれている「栄養素」と「熱量(カロリー)」の数字を計算しているだけの机上の学問にすぎません。その栄養素が日本人の体に本当に必要なのか?
大人・子供・赤ちゃんに必要な栄養素は成長や運動量の差だけで比率計算出来るものなのか?
不要、もしくは害にすらなる栄養成分は本当に含まれていないのか?そのような研究はまだまだ始まったばかりで科学的に納得のいく説明が為される時までは我々はあと何十年、もしかしたら何百年も待たなければならないでしょう。
しかし、過去何千年もの歴史に学べば「正しい食事の在り方」は見えてきます。
戦前までの日本の食生活は大変「健康的な理想に近いスタイルであった」とも言われています。土地に根付いた長年の暮らしの中で、人々は自然に「体が本当に必要としている食物」を知っていったのでしょう。
何百年後かの科学的検証を待つよりも、「今、この瞬間に我が子にしてやれる事」を探すのが賢明ではないでしょうか。


0~3歳はその後何十年にも及ぶその子の人生の中で身体の基礎を育む最も重要な時期です。この大切な時期に「本当に良い食物」「本当に良い食べ方」「正しい食の知識」を親が知る価値はなんと大きいのでしょうか。

体格を変えるのではなく、
体質を良くする食物を

30品目バランス良くではなく
体が本当に欲している食物だけを

風土と季節に適(かな)った自然な食物を
幼い身体には適切に与えたいものです。

アトピーやアレルギーが急速に蔓延し始めた頃とコンビニエンスストアーの普及の時期が合致する事には何らかの因果関係があるように思われます。
それ以前には店先に並んでいた「食品」というものはほとんどが野菜・肉・魚といった「素材そのもの」であり、保存が利く食べ物と言えばせいぜい缶詰・ビン詰め程度でした。ですから、家庭では何らかの調理をしない限りは食事を口にすることが出来なかったのです。

しかし現在はどうでしょう?

調理済み商品が大変多く売られ、長期保存の利くレトルト製品も実に増えました。そもそも食べ物が腐りもせずそんなに長い間保存出来る事自体が「不自然」なのです。その中には「栄養素」は確かに含まれているかもしれませんが、本来の「生命エネルギー」は含まれているのでしょうか?

食べ物とは基本的に本来「生きていたもの」です。
あまりに長期に渡って「腐らない」ような不自然な食べ物の中には、体にとって望ましくない不要物は大量に入っていないでしょうか?


また憂慮するのは「○○の素」「△△のタレ」といった「合わせ調味料」のレトルトやプラ容器詰めがとても多く売られるようになった事です。
せっかく家庭で新鮮な素材から調理しているつもりでも、味付けをレトルトやら粉末の化学的合成調味料に頼っていてはレトルト食を食べているのと大差ありません。
レトルトやプラ容器入りの合わせ調味料に疑問も抵抗も感じないのは若い主婦の皆さんが子ども時代を過ごした背景に、すでにそれらが「当たり前の存在」になってしまっていたからでしょう。そして育った家庭で充分な料理の基礎を学ばないままに結婚して母親となるのが、これまた「当たり前」という時代になってしまいました。
結婚や出産を機に一生懸命料理の勉強をなさっておられる方々も多いでしょうが、料理本が伝えられる事には限度があります。皆、書籍やネット等の文字情報・写真情報を頼りに何となく料理の基本を模索していらっしゃる・・・というのが若いご家庭の現状ではないでしょうか。
どれだけ一生懸命「子どもの体に良い食事を!」と調べてみても、「食べ物本来の味」を知らなければ、何が本物で何が不自然な食物か判断に迷うのも当然なのです。


ベビーパークでは、

「土地と季節に適った自然な食べ物」を見分ける「眼」と、素材の持ち味を活かす理に適った調理法をママさん達に伝授していきます。
ママ向け食育理論、チビっ子向け食育手法の両面から健康で楽しい食の在り方を強力にサポートしていきます。
離乳食や子どもの食育、アトピーやアレルギーについて真剣に研究を続ける専門家達が口を揃えて疑念を呈している「育児の常識・健康の常識」があります。詳しい話はベビーパークのレッスンでお伝えしていきますが、ここではいくつか社会常識と異なる重要で代表的なものの項目だけでも上げておきましょう。

・市販の牛乳を飲むと体のカルシウム量はかえって減る。
・「ヨーグルトが腸に良い」はウソ。
・IQ140以上の高知能児に育てるカリキュラム
・人の歯の数が教えてくれる穀物:野菜&果物:動物食=5:2:1の食事(現在の栄養学指導に従った献立は動物性蛋白質の過剰摂取と言える)
・水道水は発ガン性物質のトリハロメタンやトリクロロエチレン・ダイオキシンも含まれている。(塩素の投入により大量の活性酸素も発生している。いくら専門機関が基準数値だから安全だと言っても本当に「水道水が安全だ!とは誰にも断言出来ないのではないか?)
・世界の裏側の国の30品目の食品よりも、自分が住んでいる土地で取れた旬のフレッシュな食物が最も望ましい。
・缶詰やレトルトなど高温処理されている品に生命エネルギーはない。
・マーガリンほど体に悪い油はない。
・現在のカロリー計算と間違った理論に基づく一般的学校給食を過信するのは危険である。

Topへ戻る