3歳までの育児でEQの高い子を育てる

IQ(知能指数)に対して「こころの知能指数」と呼ばれるEQ(Emotionally Intelligence Quotient)は1980年代後半になって研究が盛んになってきた分野であり、まだまだその定義や測定法は模索状態にあります。
現在の時点でEQ(EI)研究者が提唱しているのは「EQの高い人物は「明るい」「嬉しい」「楽しい」「意欲」「安らぎ」「やる気」といった積極的な感情が湧き起こるように自分をコントロール出来る」というものです。
これらの前向きな感情は前向きな思考に繋がり、行動を生み、成果に結びつけることが出来るのです。

皆さんの周囲にもテキパキと何でも見事にこなすし心も立派な人だと尊敬されて一目置かれている人物がいることでしょう。そういう人は、
仕事や社会貢献に対する高いモチベーションや相手の気持ちを理解し思いやりある行動が自然に取れる能力を備えています。
これは幼い子ども達の中でもその差はすでに生じ始めているものです。

どれだけ高いIQを有していても、どれだけ優れた身体能力(PQ)を誇っていても、それらを活かす前向きで徳の高い心が育っていなければ宝の持ち腐れです。しかし、

EQが高ければ、より高いIQ、PQを身につける事も難しくはないのです。
愛するわが子にいかにして高いEQを育んでやるのか?親がその方法を知る事はとても価値のある事なのです。そしてそれは3歳までの育児にかかっていると言って過言ではないのです。

Topへ戻る